Menu

素材・構造

Home

ホーム > クレバリーホームの特徴 > 素材・構造

トラストホームの家づくり
実例集・体験

素材・構造

素材

素材を厳選した高強度のエンジニアリングウッドとオリジナル金物で、
耐震性をさらに高めていきます。

素材

オリジナル金物は、均一で密着性に優れた塗膜を形成し、耐蝕性にも優れたカチオン電着塗装。
また、日本住宅・木材センターによるSマーク認定を取得した安心の金物です。

主要構造材には無垢材の約1.5倍の強度を誇るエンジニアリングウッドを採用。

無垢材に比べ、節や割れによる強度のバラツキがなく、変わらぬ強度と性能が安心の構造材です。
原木材には、一般的なホワイトウッドに比べ、強く粘りのある欧州産のレッドウッドのみを使用。
より高い強度を確保しています。

最も力の集中する結合部には、オリジナル金物を採用。

金物を従来の約1/2までコンパクト化し、柱や梁などの欠損量を抑え、より高い強度を確保しています。
柱と土台の結合には、より強度の高い柱脚金物を採用しています。

構造

1階と2階を貫く柱をバランスよく配したSPG構造に、強固な6面体のモノコック構造をプラス。
さらに、強い躯体を手に入れました。

構造

実物大振動実験において阪神・淡路大震災の219%の地震波に耐えることを確認しました。
いつか起こる地震への備えを万全にすることが、地震大国日本の家づくりの必須条件です。

主要グリッド毎に通し柱を配置するSPG構造で1階と2階を強固に一体化。

一般的な在来工法に比べ、通常の2~3倍の通し柱を建物全体にバランスよく配置。
地震や台風の揺れや荷重をスムーズに分散します。
SPG構造は自由設計でありながらどの一邸も安心した耐震性能を実現します。

ツーバイフォーの長所を柔軟な発想でとり入れ、より強く進化させた「SPGモノコック構造」。

ツーバイフォー工法は、地震や台風に強い、気密性・断熱性に優れている、工法の標準化で品質が安定といった長所があります。
ツーバイフォー工法と木造軸組み工法の長所を兼ね備えた工法である「SPGモノコック構造」は、抵抗力が強く地震の揺れに強い構造です。